弓道部への支援


朝日高校弓道部は県下最大規模の部員数を抱えていますが、

設備や道具はまだ十分とは言えない状況です。

弓友会では、経済面・物品面から支援をしています。 


カンパ@射初め 2017.1.2

卒業生から41100円の寄付金が集まりました。

卒業生を代表して、上田篤さん(H27卒)から部長に贈呈されました。

 

卒業生のみなさま、ご協力ありがとうございました。


射初開催費用補助 2017.11.31

例年通り、射初め開催費用の補助金として2万円を弓道部に寄贈しました。


改修費用補助 2017.1.2

現在弓道場では老朽化対策として、大掛かりな改修工事が行われています。

その一部として、矢とり道の防矢設備の増強費用10万円を補助することになり、総会時に後藤会長(s47卒)から部長に目録が手渡されました。


募金@射初め 2017.1.2

卒業生から35100円の寄付金が集まりました。

卒業生を代表して、徳山陽介さん(H14卒)から部長に手渡されました。

 

卒業生のみなさま、ご協力ありがとうございました。


募金@射初め 2016.1.2

55014円が集まりました。

閉会式にて、卒業生代表の植月さんから部長に贈呈されました。

 

卒業生のみなさま、ご協力ありがとうございました。


募金@射初め 2015.1.2

31,775円の寄付金が集まりました。

閉会式にて卒業生代表から部長に手渡されました。

卒業生のみなさま、ご協力ありがとうございました。


安土幕 2014.8.14

安土幕の傷みが目立ってきたため、安土幕を新調し、

創部60周年祝賀会にて贈呈いたしました。

デザインは以前のものを踏襲しました。立派な桐箱つき。

文字は武田浩晃さん(H14卒)に書いて頂きました。


募金@射初め 2014.1.2

射初めでの募金額は22,732円でした。
閉会式にて、卒業生を代表して水嶋健晴さん(H16卒)から部長に手渡されました。

 

卒業生の皆さま、ご協力ありがとうございました。


防矢設備新設への補助金 2014.1.2

弓道部からの要請に応じ、防矢設備の設営費用の補助金(10万円)を総会にて贈呈しました。


防矢設備は、弓道部員や先生方の手作りにより費用を抑えて設営されたそうです。


募金@射初め 2013.1.2

射初めでの募金額は44,280円でした。
閉会式にて、卒業生を代表して武田浩晃さん(H14卒)から部長に手渡されました。
卒業生の皆さま、ご協力ありがとうございました。


弓10張 2012.11.14

2012年8月の総会で弓道部に贈呈した目録の通り、
グラスファイバー弓(練心)10張を弓道部に寄贈しました。

 

「弓友会寄贈」の刻字入りです。


巻藁台3台 2012.11.4

巻藁台の老朽化と、部員増加による数の不足を補うべく、巻藁台3台を弓道部に寄贈しました。
巻藁台は節約のため自作することとし、武田浩晃さん(H14年卒)、福田靖久さん(H16年卒)、加藤康博さん(H15年卒)の3名で作業しました。


整備清掃活動 2012.8.19

8月19日、弓道部支援の一環として、伸び過ぎたセンダンの枝の下支え作業を行いました。

作業には、弓道部コーチ・人見兼義さん(S52年卒)、造園業をされている武田浩晃さん(H14年卒)、加藤康博さん(H15年卒)が参加。クレーン車を使い枝を持ち上げ、約4mある支え棒を下に入れて固定完了。
また矢道や道場周辺の草刈り作業も行いました。
暑さに加え蚊、蜂と戦いながらの作業で、3人とも汗だくに・・・。それでも終了後は、とても清々しい顔をしていまし た!

センダンの木は、「六高弓道部之碑」近くにある大木で、枝が伸び過ぎて矢道を覆っている状態です。
雨が降った時に枝垂れて練習の邪魔になっているだけでなく、万が一、台風などで枝が折れたとき生徒に当たる危険性があるため、枝の処置について懸念されていました。

今後も、弓友会の出来る範囲で支援を続けていきたいと考えております。

<記事・写真:徳山陽介 (H14卒)>